レオハウス 工務店・ハウスメーカー選び

レオハウス注文住宅の良いところ・悪いところ

投稿日:

最初、家を建てるってなった時に、全然どこのハウスメーカーがいいかとか分からなくて、近くのいろんなハウスメーカーが揃っている住宅展示場に足を運んで、とりあえず何も分からないので、住宅展示場が並んでいる端っこから行ってみることにした。

その行ったハウスメーカーはパナホームで何も分からない自分たちに、とりあえずどんな感じになるか簡単に図面を作ってみますか?といわれたので、お願いすることにした。ただ最初は軽い気持ちだったし、今ある家を建て直しする予定だった。もちろん見学会も行ってある程度決まりかけたある日、もう一度他の所も見に行ってこようとなり、CMで出ているクレヨンしんちゃんが好きだったため、レオハウスに行った。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

他に比較した、ハウスメーカーは?

他も住宅展示場でみてまわったけど、声かけてくれたのはパナホームだったので、上記にも書いた通り、パナホームとの比較になった。

レオハウスを選んだ決め手は?

レオハウスを選んだ決め手はパナホームと何日か話をしていく中で、建ててる最中の各業者の話をしたときに、自分たちの周りには建築関係の知り合いがたくさんいて、部分部分で知り合いに頼んでも大丈夫か確認したところ、パナホームはパナホームが手配する業者に任せてほしいと言うのに対し、レオハウスは知り合いがいるならそちらに任せてくれても構いませんよと言ってくれたのが一番の決め手になった。

それによってこっちで自由にできる部分もあり金額面でもがレオハウスの方が安かったのも決め手になった。

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

建築中の不安や困ったこと

建築中の不安は素人考えかもしれないけれど、建前の時に基礎となる柱がたくさん運ばれてきたけど、その中に何本か柱が空いてる?ひび割れ?みたいなのがあって大丈夫か不安になった。

あと、ちょうど建前の時に雨が降ってきて、家がべたべたになったことが心配になったけど、雨降って地固まるということで何の問題もないし、むしろその方がいいことを知った。

建てた後の、不満・不具合・トラブルなど

最近の家は車と同じように1か月、半年、1年、2年、5年、10年と定期的にメンテナンスというのもがあるけど、最初のメンテナンスは早く対応してくれて、直しもしてくれた。

でも半年を超えると担当者がその都度代わり、連絡が取れにくくなり、段取りがうまくいかず、見に来たレオハウスの担当者と修理業者との連携がなっていなかった。

修理業者が来た時にはどこを直しましょうみたいな感じで、こっちは聞いてるんじゃないんですか?というようなことになったことがあって困ったことがあった。

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

担当者の対応は、どうだったか?

建てるときからの担当者は初めての担当する若い子でミスもあったけど、初めてっていうのもあって一生懸命がんばってくれていた。

ただ、その後の担当者がコロコロ変わってしまうのは、客側からしたら連絡取りづらいし、あまり良くはないような気がする。

レオハウスのおすすめポイント

他のハウスメーカーが出来ないことをできるようにしてくれたり、自分の好きなようにしようとすることをしてくれる。そのこともあって結構金額も安くなっていたと思う。

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

レオハウスの注文住宅で失敗・後悔していること

正直、ざっくりとした金額は比べられるけど、車みたいに現物見に行ってとか家の場合はできるわけじゃないし、いくら見学会とかいっても分からない。

それに自分たちの好きなように設計してもらったとしても、図面とかではイメージしたところで、どうしても分からない部分とか出てくるし、いざ建ってから失敗したとか言っても、家ばっかりはここが嫌だから直してというわけにもいかないから仕方ないと思うこともたくさんあるから、素人がよく考えたところでなかなかうまういかないものだと思う。

-レオハウス, 工務店・ハウスメーカー選び

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.