間取り・住宅設備

設計士に任せるな!収納は自分で考えろ!

更新日:

注文住宅で建てたとき、一番の失敗は設計士によってオススメされた収納。

たくさんの家を手がける設計士と、われわれ注文する側には大きな隔たりがあると思った方がいいです。

収納とは、その最たる例で、見た目を重視する設計士は、収納をとにかく見えない位置に配置して、便利さよりもカッコいいを目指そうとします。

たしかに、その方がオシャレなのですが、生活をしていると「見えづらい=使いづらい」となりがちで、不便に思うコトも少なくありません。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

不便な収納パターン

特に不便だと思う収納のパターンを紹介します。

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

奥行きが無駄にある

典型的なダメパターンです。

ウォークインクローゼットなどのしっかりしたものでも、ダメなパターンがあります。

奥行きがあると奥にものをしまい、手前が開いていきます。
最初はそれでも構いません。でも、ものが増えていくとどうでしょうか。

奥にしまった物の前に、また荷物が増えていくのです。
結果、使いたいのに使えない物が増え、片付けるのが大変なので手前にどんどん置いていきます。

これではゴミになっても捨てられませんし、使うときにも取り出せません。
不便すぎて話になりません。

まあ、私が片付けるのが下手なのが最大の問題なのでしょう。

片付けに自信がない人は奥行きがある物置は使いづらいと思った方がいいですね。
それくらいなら、2つに分けて反対からも使えるようにした方が便利になるはずです。

まとめ
たしかにそうですね!

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

玄関にある大きな下駄箱

観音開きで、見た目も綺麗で、入り口を見た人はワッとなるでしょう。
でも、実際に使うと背の高い下駄箱は不便です。

なぜなら、上に入れた靴を取り出すのが非常に大変だからです。

使わない靴を入れれば良いという話もあるでしょうが、使わないことを前提するなら、わざわざ玄関に置く必要なんてありません。

きちんと乾かして保存できるようにしておいた方が靴も長持ちするでしょう。

おまけに大きな下駄箱だと、その上に物を置いたりすることも出来ません。

鍵とか財布とか玄関に置いてあると便利な物ってたくさんありますよね。
それらを設置できないのも痛いですね。

よほど大人数で普段使う靴がたくさんあるという場合以外は、大きな下駄箱は必要ありません。
そもそも下駄箱がなく、靴をどこかに隠した方が一番綺麗に見えます。

まとめ
奥さんを説得するのが大変そうですが

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

収納の扉の高さが中途半端

見た目を良くするために、収納には上に多少ゆとりのある扉を使われている場合があります。

一見するとかっこよく、選ぶ対象になるかと思います。

しかし、これが非常に厄介です。

扉の上に壁があると言うことは、高さを考えた場合、上に当たってしまうため、まっすぐに物が取り出せません。

そうなると一度、下を引っ張り出してから斜めに取り出す必要がありますよね。

最初のうちは「その程度どうでもいいんじゃない?」と軽く流してしまいがちです。
でも、生活を続けると物置の中に物が溢れて来ます。
そうなると斜めに取り出す余裕なんてなくなるのです。

つまり、斜めに取り出さなくてはいけない物を取り出すためには、他の物を取りだして片付けてからしか出来ません。
すぐに使いたいものであれば、取り出しに時間がかかってしまうと言うのは、非常にネックになってしまうことが多いはずです。。

このようなことを避けるためにも、できれば収納の扉は限界まで高い方が便利に使えます。

まとめ

以上、私が注文住宅を建てるときに、見た目で選んで失敗した例です。

せっかく自分で色々と決められる注文住宅ですから、細部までこだわりたいですよね。

収納は生活していく中で、重要なポイントになります。
設計士さんを選ぶ際には、デザインや見た目よりも、生活環境を重視してくれる人を選びたいところです。

-間取り・住宅設備

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.