土地・環境

夜中の悪臭が悩み(周辺環境の調査不足)

更新日:

35歳のときに、念願の一軒屋を持つことができました。

当時、建売住宅と迷ったんですが、
やはり自分の思い描いた家に住みたいと思ったので、注文住宅を建てました。

住み始めて3年目になるんですが、
注文住宅で失敗したなと感じることがあったので紹介していきます。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

謎の客間の使い勝手

1つ目は、設計図だけを見てイメージしていたので、実際に住んでみると雰囲気が違うという点です。

設計図では、広いなと感じていた部屋が、実際に家具・家電を置くと、イメージしていたより、狭いなと感じることが多々ありました。

2階に4畳半の客室用の和室を作ったんです。
この客間の使い勝手の悪さはハンパではありません。

狭い部屋でも、部屋数が多いほうが便利だと思っていたんですが、全くそんなことはありませんでした。

元来、私は自宅に友人や知人を招く人間ではありません。
それなのに客室を作ってしまったんです。

それを、建て終わってから気付き、私の趣味の部屋にしようと思いました、
しかし、実際に使う機会はほとんどありません。

なぜなら、コンセントが少ないし、
テレビ用のアンテナ線もないからです。

居心地以前の問題でした。

こんなことなら、設計図だけじゃなく住宅模型を作れば良かったと後悔しました。

設計図だけですと、リアル感を感じることができません。
しかし、住宅模型なら家具の配置や家具を置いた部屋の雰囲気をイメージすることができます。

多少費用はかかりますが、作っておけばよかったなと激しく後悔しました。

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

収納スペースも不満

2つ目も同様に住んでいて感じたことなんですが、収納の使い勝手の悪さですね。

こんなに収納スペースが必要ないだろうと思う部屋に広く作ってしまっていたり。
逆に、たくさん収納するスペースが必要な部屋には狭く作ったりと、何かと不便な感じがしています。

凄く考えて、設計したつもりだったんですが、もっと考えないといけなかったのかなと思いました。

特に、玄関なんですが、靴の収納スペースが狭くて、靴を違う場所に置く形になっています。

靴の収納スペースは思っている以上に広く作った方がいいと思います。

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

丸見えのリビングではくつろげない

3つ目ですが、窓が失敗したなと思っています。

居間に大きな窓を設置したんですが、道を歩いている人から居間が丸見え状態なんです。

くつろいでいるのに、歩いている人の視線を感じては休まることができません。

結局、大きな窓の下半分にモザイクになるようにシートを貼りました。

これは予想外の出来事だったので、凄く落ち込みました。

対策としては、窓からどのような風景が見えるのかイメージするべきだったと思います。

目の前に道があるというのはわかっていたんですが、まさか居間が丸見えになるとは思っていませんでした。

もっともっと工務店とコミュニケーションを取っておけば、回避できたことなのかなと思いました。

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

臭いは地図では分からない

4つ目は住環境ですね。

住んでいる地域に水産加工場があるんですが、夜中になると魚の腐った臭いがするんです。

事前に周囲の環境は把握していたつもりだったんですが、臭いまではわかりませんでした。

騒音もストレスになりますが、臭いはそれ以上にストレスになります。

環境をチェックするときは、昼、夜、朝とチェックした方がいいと思います。

家の失敗は、後々リフォームなどすれば解決できることです。
しかし、周りの環境は自分一人で解決できる問題ではありません。

その点を踏まえて、どこに家を建てるのか十分過ぎるほど選定した方がいいのかなと思いました。

実際凄く後悔しています。
もっと違う土地に家を建てればよかったなと思っています。

しかし、建ててしまった以上ローンが終わるまで住まないといけません。
周りの環境が悪いと、家にまで愛着心がなくなってきます。

-土地・環境

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.