間取り・住宅設備

家電リストつくる?コンセントで後悔した注文住宅

更新日:

私と夫は、結婚した時から注文住宅が夢で、住宅展示場を回ったりしていました。

設計の段階で変更できないことは、「気にしない」と決めていましたが、コンセントのストレスが微妙です・・。

コンセントは、変更できるような、できないような存在だからです。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

微妙なストレス、コンセントの位置


注文住宅を建てる時、間取りや収納はいろいろ言いましたが、コンセントの位置は、ほとんど業者にお任せにしていました。

コンセントの場所が悪い時は、延長コードを買えばいいと思っていたからです。

業者さんは、間取りや収納の設計は何度も直してくれましたが、コンセントの話は出ませんでした。
私たち夫婦の方でも、コンセントはどうとでもなるから、あまりこだわってませんと言っちゃってました。

ところが家具を搬入してから、もうちょっと何か言った方が良かったかな、と思いました。

掃除機とか、ミキサーとか、細かい家電はいいんです。
コンセントの位置が遠いなと思っても、延長コードでなんとかなります。

キッチンのコンセントの数が少ないので、どうしてもの時は、隣の部屋から延長コードをつないで・・・とか、やっています。
ストレスがあることはありますが、気にしているときりがないので。

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

大型家電はコンセントの融通がきかない

問題は、テレビや冷蔵庫など、大型家電でした。

洗濯機だけは、全く問題ありませんでした。
洗濯機専用のエリアがあるので、そこにつなげばいいだけです。

冷蔵庫の場所や向きは、コンセントの場所に合わせて置くしかありませんでした。
流しに近い場所に置きたいのですが、キッチンが広いわりにコンセントの数が少ないので。

流しの近くのコンセントは、コーヒーメーカーやミキサーとか、小型家電に使いたいので、冷蔵庫の場所を妥協した形です。

テレビが一番困りました。
大型の壁掛けタイプだったので、置き場所やコンセントの融通がきかないんです。

壁掛けを置き型に変更したり、延長コードを買ったり、いろいろやりました。
それでも置きたい向きに置けないので、いつかなんとかしたいです。

テレビのコンセントだけは、忘れずに業者と相談した方がいいかもしれません。

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

家電リストを作るといい

私の家では、住宅を建ててくれた業者が、1年に1回、定期点検に来てくれます。
その業者の1人から聞いたのですが、そういうのは、家電リストを作ればいいそうです。

業者に注文する時に「部屋のどこに、いくつコンセントを作る」という言い方ではなくて、「家電リスト」を業者に渡すと良いんだそうです。

家電リストには、家にある家電を全部書いて、それぞれの家電をどこで使いたいか書きます。

そういうのを業者に渡すと、全部の家電が使いやすいように、コンセントの位置を考えてくれるそうです。

素人が、家電の配置を考えたり、部屋のコンセントの位置を考えるより、その方が早いらしい。
業者の設計が違うと思ったら、それこそ注文住宅ですから、「コンセントの位置を直してほしい」と伝えればいいだけです。

この話は、住宅を建てる前の設計している時に、聞きたかったです・・・。

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

まとめ

家電は時々買い替えるので、そのたびにコンセントの位置が変わるのでは?と思いましたが、1つの家で使う家電の種類は、そんなには変わらないそうです。
そこまで心配しなくていいと言われました。

いま考えてもため息が出る話で、「次の注文住宅を建てる時に絶対にやりたいこと」です。

次に注文住宅を作れるのがいつか判りませんが、できれば頑張ってお金をためて、やりたいと思います。

-間取り・住宅設備

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.