工務店・ハウスメーカー選び

工務店・ハウスメーカーはケツカッチン!見積書で比較

更新日:

私がマイホーム建築にあたり後悔したのは工務店やハウスメーカー選びに、無駄な労力と時間をかけてしまったということです。

最初は、安さが売りの工務店に依頼していました。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

見積もりは、いつでるの?

夫婦揃って、家造りのイロハも分からぬままの工務店選び。
見積もりを出してもらわないまま、数カ月間に渡り打ち合わせを進めました。

いったい何でこんな事になったかと言うと、
工務店の営業担当の方から
「間取りから仕様まで、全て細かいところを決めなければ、見積もりは出せない」
と言われたからです。

そして営業担当の方の
「とにかくサービスする、安くする」
という言葉を鵜呑みにしていました。

結局、他の工務店やハウスメーカーでは見積もりを出してもらわなかったのが、労力と時間を無駄にする始まりでした。

まとめ
比較しないと
安いのか高いのかわからないですね

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

瀬戸際で出た驚きの見積もり

数ヶ月間の打ち合わせが終わり、概算の見積もりを出してもらったのは、さらに3ヶ月以上も後のこと。

この時点で、土地の決算(購入)や、銀行の手続き(住宅ローン)の期限も迫っています。
やっと出してもらった見積もりに驚嘆しました。

最初に伝えてあった予算は、大幅にオーバーしているだけでなく。
契約を進めるためか、それでも見積り書は安く見せるためなのか、重要な設備の金額が空欄だらけだったのです。

また、3ヶ月間に渡る打ち合わせで詰めたことはどこに行ったのでしょう。
完全に、こちらの要望は排除した図面や仕様だったのです。

まとめ
これでいくしかない!ってタイミングを見計らって出された見積もりですね

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

慌てて注文住宅?

そして更に驚くことに、一生に一度のマイホームということで契約を渋っていると、手のひらを返したように横暴な態度に営業担当の方は変貌しました。

もちろん、この工務店からは手を引き、他のハウスメーカーで家を建てることにしました。
しかし、土地の決済や融資の関係で、のんびりとはしていられません。

他のハウスメーカーや工務店を急いで探し始めます。
家造りも、設備の仕様や、間取りをゆっくり考える時間が無くなってしまいました。

最終的に建築は出来たものの、もっと時間に余裕があれば、こだわった家を建てられたかもしれない。

あの工務店との打ち合わせの日々が無駄でした。

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

業者選びの後悔

思い返すとマイホーム建築にあたり一番の後悔は、安さに魅了され、怪しい工務店に時間を割いてしまったこと。

せめて、他のハウスメーカーを並行して見ていれば良かった。
見積もりを早急に出すように、強く依頼すれば良かったと思います。

いくら安さを売りにしている工務店やハウスメーカーであっても、見積書がなければ判断できません。

とくに工務店は、独自の価格で勝負していることが多く。
客の足元を見て値段を決めることがあるようです。

そうなると、有名なハウスメーカーの方が坪単価が安くなったり、いい家が建てられるということもあるのです。

比較しないとわからない

工務店やハウスメーカーを決めるには、やはり何社か並行して検討することです。
見積もりを出してくれるスピード、仕様のグレードなどの比較ができると言ったメリットもあります。

私たち夫婦のように、見積もりが出る前に一社に絞ってしまうと、時間のロスに繋がります。

家造りは、工務店やハウスメーカー選びも大切ですが、時間をかけすぎると肝心な図面や間取り、仕様決めの時間がなくなってしまいます。

悩んで決めた家であれば、後悔も思い出となります。
しかし、悩む時間すらないまま建てた家では、後悔しか残りません。

-工務店・ハウスメーカー選び

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.