間取り・住宅設備

注文住宅なのに言われるまま普通に建ててしまった

更新日:

注文住宅にした理由は、建て売りが、どれも似たり寄ったりで、安っぽく見えたからです。

なので、親の所有していた土地に、注文住宅で建てようと思いました。

地元の工務店が建てた家は、どれも外観が似ていたので、やはり質の良さからもハウスメーカーで選ぶようにしました。

これは、注文住宅の失敗・後悔をした人の体験談です。

もし、家造りに参考になるような体験をされた方は、当サイトで発表されませんか?
お寄せいただく体験談は、次のフォームからお願いします → 注文住宅の体験談

スタンダードプランでも注文住宅なの?

まずは、住宅展示場に行って、数社の見積もりを立ててもらい。その中でも大幅値引きをしてもらえるところを選びました。

ですが、注文住宅はハウスメーカーでという希望は決まっていたものの、具体的な間取りを考えていませんでした。

こちらの希望する間取りが決まっていれば、ハウスメーカーも具体的な提案ができたでしょう。
しかし何も決めていなかったので、ごく一般的な家の間取りというのを提示して、それで足りないところは付け加えていく、削除していくという形になってしまいました。

まとめ
実際、この平均的なプランが一番使いやすかったりします(笑)

最大30万円「すまい給付金」あなたはいくら?

ゆとりをもった建築計画を

ハウスメーカーを決めてから、実はもっとゆっくり間取りを決めていけると思っていました。

しかし家は建てると決まったら、いついつに上棟式、どれくらいに完成するのか、といったプラン通りに進んでいきます。

のんびりと時間をかけて、間取りを考えている暇はありませんでした。

また、夫婦ともに仕事をしていたので、二人でゆっくり話をする時間もあまりなかったです。

ハウスメーカーの人との打ち合わせは、確認だけで話が進んでいくので、変更したいと思う部分があっても、相談できることがあまりなかったです。

>>【無料カタログ】外観デザイン重視<<

子供部屋の壁(仕切り)は後悔

一番失敗したと感じたのは、壁を作って部屋を区切りすぎたことです。

子供部屋も2つ作ったのですが、子供が実際に一人で寝るようになるのは、大きくなってからなので、そでまでは一つの部屋を広々と使えるようにしたほうが良かったのではと後悔しています。

大きくなったら騒ぐこともないでしょうし、それぞれ子供部屋が欲しくなった時にカーテンなどで仕切れば、もっと家を建てる時の費用も抑えられたのではないかとも感じます。

また、子供部屋を壁で分けてしまうことによってエアコン、暖房機器もそれぞれ用意しなければいけないという問題が発生しました。

どちらかの部屋に付けてしまえば、大きくなって別々の部屋を使うときに揉め事にも発展しますし、兄弟で平等にするために結局2つ用意しなければいけないようにもなります。

子供部屋の間取りは失敗しました。

まとめ
住んでみないと分からないことは多いですね

ワクワク!ハウスメーカーを比べちゃおう♪

憧れの吹き抜けを断念

また、間取りを決める時はたくさんの部屋数があるほうが良いともおもったのですが、家族がそれぞれの部屋で過ごそうとすると冷房、暖房機器が必要になってきます。

そうした暖房も冷房もないような部屋は誰も使わないので物置部屋になってしまうことが多いということが実際に暮らしてみて分かりました。

物置やクローゼットはたくさんあっても困らないので、必要最小限の部屋数にして、間取りをもっと開放的なようにすればよかったとも思います。

二階の部屋数を減らせば憧れの吹き抜けも実現できたのではないかとも思います。

部屋数や間取りをごくごく一般的にしたことによって、吹き抜けも断念したので、もう一度注文住宅を作り直すなら、間取りにこだわりたいと思います。

こうしたい、という決定案が自分で決まっていれば、理想通りの注文住宅にすることもできるのではないかとも思います。

曖昧の状況ではハウスメーカーの人も一般的な提案しかできないと思います。

-間取り・住宅設備

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.