注文住宅で利用する「つなぎ融資」とは?

注文住宅を建てるときに必要になる資金は、つなぎ融資を利用する方が多いでしょう。

住宅ローンを借りて資金にあてればいいのでは?と思われるかも・・
しかし、住宅ローンは家が完成しないと住宅ローンの融資が実行されません。

それでも、注文住宅の完成前には、まとまった資金が必要になります。
つなぎ融資は、注文住宅の完成前に借りるローンを指します。

完成前に必要な資金

  • 土地(建築用地)の購入資金
  • 建築の費用の一部(着工金・中間金など)

つなぎ融資の流れとは?

つなぎ融資とは、注文住宅の建築のために融資される資金で、住宅ローンの前段階と捉えられます。

つなぎ融資は、原則として住宅ローンとセットで同じ金融機関に申し込みます。
つなぎ融資がA銀行、住宅ローンはB銀行、というように違う金融機関を利用することはできません。

建築の流れ つなぎ融資の流れ
土地の売買契約
(手付金)
土地が見つかる 住宅ローンとつなぎ融資を申し込む
土地の残代金を支払い つなぎ融資で支払い つなぎ融資実行
ハウスメーカーと
請負契約を締結
つなぎ融資で
着工金支払い
工事開始
つなぎ融資で
中間金の支払い
注文住宅完成
建物の登記設定
注文住宅の引き渡し 工事費の残金支払い 住宅ローンの融資実行
住宅ローンで つなぎ融資を完済

まとめ

注文住宅の建築費用を借りる「つなぎ融資」。

つなぎ融資を取り扱っていない金融機関もあります。
また、つなぎ融資の利息や手数料も金融機関によって違いがあるので、じっくり比較して失敗のないように選びましょう。



投稿日:

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.