ローコスト住宅なぜ安い?坪単価と人気ランキング

ローコスト住宅(メーカー)で注文住宅を建てる人に、安さの理由と、家づくりで失敗・後悔しないためのポイントをわかりやすく解説していきます。

大手ハウスメーカーと比べ、2軒分の家が建てられるほどローコスト住宅の建築費は安く抑えられるのが特徴です。

ローコスト住宅で叶う未来

  • 大病や不慮の事故への備え
  • 子供の教育資金
  • 毎年の家族旅行
  • 趣味やマイカーにつぎ込むことも

ローコスト住宅の安さの理由は後述しますが、建築費の安さは施主に多くのメリットをもたらします。

まず、住宅資金が同じであるならば、より(土地代の高い)便利な場所に建てることができ。
利便性を追求しない人には、より広い敷地で家づくりをすることが叶います。

それだけでなく、単純に建築費と土地代の両方を節約する選択肢もあります。
しかも数十万円といった金額ではなく、数百万円単位での節約が可能です。

住宅ローンの支払期間に換算すると、10年分を繰り上げ返済するのと同じくらいのインパクトある節約方法です。

ローコスト住宅が安い理由

大手ハウスメーカーの建築費は、坪単価で70万円~100万円以上は下りません。
それに比べ、ローコスト住宅の建築坪単価が30万円~と大手の半分以下に抑えられています。

なぜローコスト住宅は安く家を建てられるのでしょうか?

これは、建築コストをギリギリまで削減していると言えます。

ローコスト住宅の削減項目

  • 人件費の削減(事務方・営業・現場の大工)
  • 建築資材・住宅設備の圧縮
  • 広告宣伝費・諸経費の節約

職人を外部委託

注文住宅を建てるには、多くの人が家づくりに携わります。

ひとくちに現場の作業員といっても、建築工程でそれぞれ専門の職人さんが必要です。

  • 地盤調査・地ならし
  • 基礎工事
  • 足場の掛け払い
  • 柱・上棟・大工仕事
  • 建具工事
  • 電気工事
  • 水道工事など

ローコスト住宅のメーカーでは、これらの職人を自社で抱え込むことをしません。
それぞれの作業員・業者をその都度、外部に委託する方法をとっています。

【追記】ローコスト住宅メーカーは、日本中に数多く存在するため、自社ですべての職人を管理育成しているケースもあるかもしれません。(しかし、現時点では、そういう形態のローコスト住宅メーカーを知りません)

自社で職人を教育し、管理し、育成していれば、高い品質が保たれるかわりに莫大なコストが掛かります。

常に建築の仕事があるわけでもありません。仕事のない職人に給料を支払うのは無駄でしょう。
職人の手配は大変ですが、必要なタイミングで、必要な職人さんを委託したほうが効率的で、安上がりです。

ローコスト住宅の場合、メーカーが元請けで、下請け業者の施工管理をしているイメージ。

工期が長引けば、それだけ職人の人件費がかさむので、プランが決まれば、すぐに着工、あっという間に完成します。

参考になりそうな注文住宅の体験談はコチラ

タマホーム
注文住宅にコスパを求めるならタマホーム

私は3年程まえ、子どもが出来たことをきっかけに、ハウスメーカー選びを始めました。 決して稼ぎが良かったわけでもなかった(年収300後半)ので、ローコストメーカーかなぁと思っていました。 たまたま、近所 ...

続きを見る

間取りは雛形を逸脱できない

間取りを設計する建築士は、時間給の高い職種。

ですから、ローコスト住宅メーカーの場合、完全なフリープラン(間取り)の注文住宅というのは珍しく。
ほとんどの場合、土地の大きさと形に合った間取りのモデルプランがあります。

施主の希望に合わせて、何度も何度もプラン変更することはできません。

雛形であるモデルプランを少々カスタマイズする程度の自由度しかローコスト住宅メーカーにはありません。

参考になりそうな注文住宅の失敗例はコチラ

no image
注文住宅なのに言われるまま普通に建ててしまった

注文住宅にした理由は、建て売りが、どれも似たり寄ったりで、安っぽく見えたからです。 なので、親の所有していた土地に、注文住宅で建てようと思いました。 地元の工務店が建てた家は、どれも外観が似ていたので ...

続きを見る

住宅営業の離職率は高い

ローコスト住宅メーカーの営業職は、頻繁に求人が出ています。
つまり、離職率が高く、長く在籍する社員が少ないのが特徴です。

新卒採用をして、社員教育をしながら、一端の社会人に育て上げるのは時間がかかります。成長の途中で失敗もするでしょうから、その負債もすべて会社が背負う気持ちがないと、新卒の採用などできないのです。

かわりに、即戦力になる中途採用は、文字通りすぐに営業として使える人材としてローコスト住宅メーカーでは重宝します。

ですから、中途採用だとしても、まるっきり素人の営業職ということは少なく、大手ハウスメーカーから転職した営業・建築事務所や不動産仲介営業からの転職組が大勢です。

ですから、住宅や建築に一定の見識を持っています。
しかし、ときに経験不足がいなめず、コミュニケーション不足などでトラブルになることもあります。

くわえて、彼らの多くは「転職グセ」がついていること。人間関係に悩んだり、仕事がうまくいかない、給料が上がらないとき、長く在籍することをしません。

注文住宅は、一生に一度の大きな買い物。
建てた2年後の定期メンテナンスでは、担当者が退職していた、なんてこともあります。

参考になりそうな失敗談はコチラ

タマホームの評判
「低収入でも家が欲しい」「シンプルな家でいい」ならタマホーム

タマホームを選んだきっかけは、タマホームの展示場でトミカとプラレールのイベントがやっていて、子どもが行きたがったからです。 もちろん家もいつか建てたいと考えてはいました。 しかし、転職してから一年ほど ...

続きを見る

ローコスト住宅メーカーの人気ランキング

ローコスト住宅メーカーは、限られた地域で集中的に家を建てるので、コストを圧縮できる側面があります。

県内で超有名な住宅メーカーが、隣の県に行くと「誰も知らない」というのが一般的です。

家を建てたい地域でローコストで建てるメーカーは、展示場に足を運んだり、ネットで資料を請求するのがいいでしょう。

ここでは、なるべく全国規模で営業展開している、ローコスト住宅メーカーを紹介していきます。

タマホーム

ローコスト住宅のメーカーでは、全国規模で展開するタマホーム。
テレビCMで、タマホームを知った方も多いのではないでしょうか。

タマホーム

坪単価 営業地域 主な工法
30万円~ 全国 木造軸組工法

http://www.tamahome.jp/

ローコスト注文住宅「タマホーム」の口コミ!建てた感想

アイダ設計

分譲住宅の販売も注文住宅の請負もこなす、アイダ設計。

ほぼ全国に営業展開し、最近では海外(中国・フィリピン)への進出も果たしています。

アイダ設計のトップページ

坪単価 営業地域 主な工法
23万円~ 全国
(北海道・中国・四国地方を除く)
木造軸組工法

http://www.aidagroup.co.jp/

アパートの賃料と同額で注文住宅!アイダ設計

アエラホーム

外張り断熱で、冷暖房効率の良い注文住宅を目指すアエラホーム。

省エネルギー住宅は、生活コストを下げるので、より豊かな暮らしに繋がります。

アエラホーム

坪単価 営業地域 主な工法
39.8万円~ 全国
(北海道・四国地方を除く)
木造軸組工法

https://aerahome.com/

注文住宅を建てた私がアエラホームを推す理由

一条工務店

外内ダブル断熱構法・太陽光発電に積極的で、省エネ・創エネ住宅を目指す、一条工務店。

免震構法にも取り組んでいます。

一条工務店

坪単価 営業地域 主な工法
- 全国 ツーバイフォー工法

http://www.ichijo.co.jp/

私が一条工務店で注文住宅を建てた理由

トヨタホーム

ローコスト住宅メーカーといって構わないのか?
トヨタグループの住宅部門「トヨタホーム」

プレハブ系のハウスメーカーらしく、工業製品として均質化をはかり、一定数を安く生産するのがトヨタホームの強み

トヨタホーム

坪単価 営業地域 主な工法
40万円~ 全国
(北海道・四国を除く)
鉄骨系プレハブ工法

http://www.toyotahome.co.jp/

設計担当がハズレだった!/トヨタホームで二世帯住宅を建てた評判

アキュラホーム

アキュラホーム

坪単価 営業地域 主な工法
40万円~ 関東・東海・近畿・中国 木造軸組工法

http://www.aqura.co.jp/

価格と収納力がアキュラホームに決めた理由

ローコスト住宅の後悔・失敗

すでにいくつか、ローコスト住宅メーカーの体験談を紹介しましたが、他にもあります、ご参照ください。

トヨタホームの評判
設計担当がハズレだった!/トヨタホームで二世帯住宅を建てた評判

子供が1歳になり、家をどうしようかと話をしていました。 テレビCMで、トヨタホームが保証60年と書いてあったことがきっかけで、住宅展示場へ。 ちなみに私の両親と同居する「ニ世帯住宅」を建てました。 目 ...

続きを見る

アエラホームの注文住宅
注文住宅を建てた私がアエラホームを推す理由

アエラホームを選んだきっかけは、展示場を訪れたことです。 初めはどのメーカーを選ぶかを決めていませんでした。 展示場ではそこにある全ての住宅を見て回り、比較検討をおこないました。 それぞれのハウスメー ...

続きを見る

アキュラホームの評判
価格と収納力がアキュラホームに決めた理由

アキュラホームの住宅を初めて見たり説明を聞いたのは住宅展示場でした。 そのときはまだ、マイホームの具体的な計画はおろか 「そろそろ建てたいなあ」とぼんやり考えていただけ。 家を建てるために必要な知識や ...

続きを見る

とっても小さな工務店を選んだ、私の家づくり

マイホーム造りは、人生設計の中でも家族が共に暮らす場としてとても重要なイベントです。 私の場合も、何を優先して、どのハウスメーカーを選ぼうかと検討し、夫婦でも話し合いました。 そこで、マイホーム造りの ...

続きを見る

タマホームの間取り
タマホームで建てた体験談/担当と現場監督の仲が悪くてトラブル頻発

私がタマホームで家を建てたきっかけは、テレビコマーシャルで存在を知り、安くて良い家が建つと思い住宅展示場を見学に行ったことでした。 構造が丈夫で地震に強く、断熱性能に優れている点に興味をひかれました。 ...

続きを見る

建築計画に口を出すな!
工期が遅れ近所からクレーム!タマホーム対応しない → 自分で謝りに

私には「タマホームのお世話になって家を建てた」という、同世代の友人がいたんです。 その友人にタマホームの評価を聞いて、自分も建てたいと思ったのがきっかけでした。 しかし、ネットではタマホームの評判はあ ...

続きを見る

注文住宅の失敗
注文住宅1000万台でマイホームは手に入れられるか?

マイホームを考えだしたのは、子どもが生まれて、その時の家が手狭になったことがきっかけでした。 最初は、中古でも十分という考えで、いろいろな物件を見て回りました。 しかし、見れば見るほど欲が出てくるもの ...

続きを見る

シックハウス症候群
シックハウス症候群の注文住宅の選び方

注文住宅を建てる、と決まったとき、住んでいる市内中のハウスメーカーや工務店に話を聞きに行きました。 もちろん、住宅展示場のモデルハウスも多数見学しました。 当時は今ほどインターネットが普及していなかっ ...

続きを見る

ローコスト注文住宅「タマホーム」の口コミ!建てた感想

23坪の建ぺい率70%(角地規制緩和)、容積率200%の土地での注文住宅建設の話です。 実家の建物ができてから30年以上経過し、ボロくなったので建て替え時期ということもあり、様々なハウスメーカーをあた ...

続きを見る

no image
ハウスメーカー選びでの失敗

我が家には子供が二人おり、初めは賃貸のマンションやメゾネットのアパートに住んでいました。 子供の成長とともに、隣や階下の住人に気を遣う生活が、窮屈に感じたため一軒家を購入することにしました。 中古住宅 ...

続きを見る

ローコスト住宅で建てる平屋

一軒家といえば2階建てのイメージ。
しかし、平屋建てにも根強い人気があります。

地方(田舎)で、土地代が安い場合は、平屋建ての使い勝手に注目すべきでしょう。

平屋では、階段がなく、上下階で空間が分断されないので、生活動線が途切れません。
また、バリアフリー化も簡単なので、高齢者住宅としての平屋建てにもニーズがあります。

子どもたちが独立した後の実家を建て替える時、長く住むことは考えにくいことから「とにかく安く」とローコスト住宅メーカーで平屋建てを検討する方が多いのです。

お役に立ちそうな体験談はコチラ

アキュラホームの評判
こだわりの平屋建てをローコスト住宅メーカーで実現

私がアキュラホームを知ったのは注文住宅を建てようと思い、まずはハウスメーカーの情報がないのでインターネットで調べていたところで知りました。 他のハウスメーカーもしらべましたが、アキュラホームに決めたの ...

続きを見る

平屋建てに固執して失敗した工務店選び

じつは、我が家の注文住宅づくりには大失敗があります。 いきなり結果を言いますが、それは選んだ施工会社です。 お家を建てた方は、家そのものについて、もっとこうすればよかった、ああすればよかったと後悔され ...

続きを見る

更新日:

Copyright© 注文住宅の失敗!施主100人の後悔 , 2018 All Rights Reserved Powered by AFFINGER4.